スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏と花火と私の死体 乙一

今ではホラー作家として
大人気の乙一さんの処女作。

夏と花火と私の死体 (集英社文庫)夏と花火と私の死体 (集英社文庫)
(2000/05)
乙一

商品詳細を見る


まったく デビュー当時16歳だったとは思えない作品です。

九歳の夏休み 好きだった健君を待っていた 「わたし」は
友達で健君の妹、弥生ちゃんに木の上からおされて死んでしまう。
「わたし」の死体を、その時頻発していた誘拐事件のせいにするため
二人は、死体隠しに出かける。
大人の追跡を逃れ 最後に二人の見たものとは・・・・
【夏 と  花火  と  私の死体】
この題をつけた時点で、読者をひきつけている。
なんで、なんで、と思ってしまうとどうも気になる。

乙一さんが、【私の死体】とつけたのも
このお話自体が、死んでしまった「わたし」の
目を通して語られるものであるからなのでしょう。

この小説には、「わたし」の視点から見ており
健君が死体を隠そうとした犯罪心理とか
従姉の緑さんの心理とかは 書かれていません。

しかしながら、お話として読むときに、それがすべてにおいて
必要だとも思いません。
小さい兄妹が 死体を隠す ということで起こる ハラハラ ドキドキを
そのままに読めば、 大変良くできており、おもしろいホラーです。

最後のオチも良くできており完成度は高いと思います。

乙一さんの話は、現代を写す鏡なのかも。

まー あまり、人間描写とかテクニックとかディーテルを考えずに
感じたまま、小学生のころ感じたように、
単純に おもしろいか、おもしろくないかで 判断していけば
いいんじゃないかな。

人気ブログランキングへ

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

pitschi

Author:pitschi
本を乱読する日々。
このごろテレビがつまらなくなったので
本を読んで 音楽聴いて PCしてます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
SEO対策:無料
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。