スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

源氏物語 紫式部 瀬戸内寂聴訳

いづれの御時にか、女御、更衣あまたさぶらひたまひけるなかに、いとやむごとなき際にはあらぬが、すぐれて時めきたまふありけり。
で 始まる 源氏物語。
世界最初の長編小説として 類を見ないものである。

源氏物語〈巻1〉源氏物語〈巻1〉
(1996/12)
瀬戸内 寂聴

商品詳細を見る


高校の古典あたりでやるが、そのときには全然おもしろくない。
それは原文解釈から始まって、古文の文法をやるからである。

非常に無意味で退屈だ。

シャーロックホームズをまず英文原文の読みと文法から始めるようなものである。
われわれは、優れた翻訳家が訳してくれるので、内容を読んで楽しみを得るのだ。
その後、コナンドイルの原文を読み下そうと努力するのである。

こういうことを考えても、日本の宝物 世界小説のさきがけといえる源氏物語が
ビギナー時代に 難解な古文解読に費やされるのはもったいないと思う。

そこで、偉大な事業に取り組んだのが瀬戸内寂聴さんである。
やはり英文翻訳でも思うが、訳するという作業自体 非常にセンスのいる仕事だ。
原文がすばらしくても、訳者によって左右される。
そういうことをしても、この現代訳は作者の読み下しと愛情を感じる名訳である。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

pitschi

Author:pitschi
本を乱読する日々。
このごろテレビがつまらなくなったので
本を読んで 音楽聴いて PCしてます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
SEO対策:無料
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。