スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

剱岳 点の記  新田次郎

山岳小説という分野があることを
知らせてくれた作家です。
一番最初読んだのは、八甲田山死の彷徨のでした。
自然の厳しさ すばらしさ人間のおごりというものを教えてくれました。
今回 書くのは 剱岳 点の記です。

劒岳―点の記 (文春文庫 (に1-34))劒岳―点の記 (文春文庫 (に1-34))
(2006/01)
新田 次郎

商品詳細を見る


日本の近代地図の黎明期、伊能忠敬が 稜線の詳しい地図を
作って以来、山の高度を確定し地図にする作業は測量部によってなされた。
日本の山岳登頂の歴史として測量部の功績は偉大である。
その功績も今では、紙上の世界として忘れ去られようとしている。
この小説は、軍部の山岳会より先に 前人未到の剱岳に登頂を強要され、
苦悩の末に山頂に、測量用の三角点を設置した柴崎芳太郎の物語です。

【あらすじ】
越中の立山信仰の山 剱岳。信仰上 登れない山、登ってはならない山として
弘法大師をしても登れなかったとする未踏の山である。

明治時代 地図は 戦略上の秘密として 陸軍に測量部は属していた。
西洋の山岳会の影響を受けた 日本山岳会の小島烏水が剱岳の初登頂を目指しているとの
情報により、陸軍は競争意識を激化し、測量部の柴崎に山岳会より早く登頂するように
圧力をかけた。
役人として 地図を作成するため柴崎は越中に向かう。
そこで調査中助けた行者から 登頂するには“雪を背負ってのぼり 雪を背負って降りよ”との
謎の言葉を聞く。 剱岳の絶壁に登頂ルートを思い悩む中、山岳会が剱岳に乗り込んできた・・・・

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : オススメの本
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

pitschi

Author:pitschi
本を乱読する日々。
このごろテレビがつまらなくなったので
本を読んで 音楽聴いて PCしてます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
SEO対策:無料
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。