スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幕末太陽伝 川島雄三


個人的には、黒澤明 【七人の侍】に 
匹敵する名作だと思う。

現代では、忘れ去られた感があるが
日本人の映画監督としてもっと評価されるべきである。

幕末太陽傳 [DVD]幕末太陽傳 [DVD]
(2002/11/22)
フランキー堺南田洋子

商品詳細を見る


この映画は、日活 オールキャストで撮れれている。
とにかく配役がすごい。
フランキー堺・左幸子・南田陽子・石原裕次郎・金子信雄・山岡久乃
岡田真澄・小沢昭一・菅井きん・西村晃・熊倉一雄・二谷英明・小林旭
武藤晃生等
今では、考えられない豪華さ。
石原裕次郎は主役ではない。

この映画に日活は、上限なしの予算で望んだが、
それは それまで、川島がさっと映画を作っていたため、
今回も低予算でできると踏んだからだといわれる。
川島は、上限を設定して会社と予算決めをしたが、
後に日活が予算をケチったため、もめたエピソードを持つ。

とにかく、川島雄三は今見ても 非常に粋である。
白黒の映画時代。
チャンバラでない時代劇で、
こんなに完成度の高い映画はないのではないか。
品川遊郭を舞台に、落語の「居残り佐平次」と「品川心中」
 新撰組の高杉晋作が混じってと言う内容。
とにかくすごいの一言。

続きを読む

スポンサーサイト
プロフィール

pitschi

Author:pitschi
本を乱読する日々。
このごろテレビがつまらなくなったので
本を読んで 音楽聴いて PCしてます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
SEO対策:無料
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。