スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きまぐれロボット 星新一

【シュートショートの神様】と呼ばれ生涯に1001編以上の
作品を残したといわれています。
まさに巨人であります。

きまぐれロボット (新・名作の愛蔵版)きまぐれロボット (新・名作の愛蔵版)
(1999/06)
星 新一

商品詳細を見る

この本は、気まぐれロボットとして発刊され、後に "きまぐれ”と
ひらがな標記になったようです。
星新一さんで初めて買った本がこの本でした。

ほんとに何ページかめくると話しが終わってしまう。
"コンなので本当にいいの”と思う短さ。

しかしながら、この数ページに シュールな内容が
ギュと濃縮されています。

特に 【悪魔】なんて話しは、寓話的であり
本人自ら 現在のイソップといわれるだけのことがあります。

標題の【きまぐれロボット】のほか
本当に この人はこんなに お話が考えられるのだろうと
非常に感心します。
そして、そのひとつ・ひとつが非常にレベル高い。

そんな星さんは生い立ちは・・・・

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

pitschi

Author:pitschi
本を乱読する日々。
このごろテレビがつまらなくなったので
本を読んで 音楽聴いて PCしてます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
SEO対策:無料
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。