スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大地の子 山崎豊子

戦後 中国に残された 孤児の苦悩と日本人への反感。
差別する中国人や助けようとする中国人に彼の人生は翻弄させられる。
彼の目を通して 近代化する中国を描き出す小説である。

大地の子〈1〉 (文春文庫)大地の子〈1〉 (文春文庫)
(1994/01)
山崎 豊子

商品詳細を見る


【あらすじ】
終戦後の満州で、松本勝男は 迫りくるソ連軍に 祖父と母を殺され妹とも生き別れてしまう。
過酷な運命にさいなまれて、記憶喪失になり人買いに連れ去られ中国の農家に売られる。
やっとのことで脱出したが、また人買いに捕まりそうになり、それを救ったのが陸徳志夫妻であった。子供のない陸夫妻は、一心という名前をつけ 教育を施した。
その後、中国は文化大革命の嵐が吹き荒れ、一心も日本人ということで 労働改造所に送られる。5年後 陸徳志の働きかけや友人の嘆願でようやく開放され 改造所での命の恩人であった江月梅と結婚する。
後に日中共同事業の製鉄所建設プロジェクトに参加し、日本の東洋製鉄から派遣された所長松本耕次と合う。それがはるか昔に別れた父親であった。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

不毛地帯 山崎豊子

山崎豊子さんの不毛地帯です。
かなりの長編ですが、すばらしい作品です。

不毛地帯 (1) (新潮文庫)不毛地帯 (1) (新潮文庫)
(1983/01)
山崎 豊子

商品詳細を見る


戦時中 大本営参謀であった壱岐正は、シベリアに抑留され
人間の限界を超えた悲惨な重労働を課せられる。
その地獄の中で、戦友の中には、重労働に耐え切れず自ら身を傷つけ、
労働を逃れようとするが故意の負傷が発覚し、
さらに悲惨な抑留地に回されるものもでてくる。
それでも、日本に帰る日を夢見て、厳しい労働にも耐えた。

そして、白い地獄に11年抑留され やっとの思いで引き上げた日本で
彼を待っていたのは、総合商社に成長を目指す近畿商事の社長 大門であった。
大門社長は、 「国が資金を注ぎ込んで作った 大本営のエリート参謀」の壱岐に
近畿商事の未来を託す。

近畿商事に入社した壱岐は、やがて軍隊のコネクションから 自衛隊の
次期戦闘機をめぐる熾烈な商社間の戦いに巻き込まれていく。
生き馬の目を抜く商社戦争。政治家、官僚を巻き込み 
東京商事の鮫島との競争は、まさに泥沼に。

昭和の時代、戦争から高度成長の商社を舞台に
男たちの壮絶な戦いが始まる。
そしてその不毛の戦いに生きる壱岐の元にさらなる困難が・・・

続きを読む

テーマ : オススメの本
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

pitschi

Author:pitschi
本を乱読する日々。
このごろテレビがつまらなくなったので
本を読んで 音楽聴いて PCしてます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
SEO対策:無料
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。