スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローマ人の物語 塩野七生

文庫にして34巻の長い歴史物語です。
塩野七生さんの研究心や取材力にただ脱帽です。

ローマ人の物語 (1) ― ローマは一日にして成らず(上)    新潮文庫ローマ人の物語 (1) ― ローマは一日にして成らず(上) 新潮文庫
(2002/05)
塩野 七生

商品詳細を見る


ローマの歴史は、西洋の歴史常識といわれている。
日本人にとっては、どうでもいいという人もいると思う。

しかしながら、外国人が日本の歴史について、何も知らなかったり
間違った思い込みをしていたらどうだろう。
日本のことを知ってくれている外国人のほうが親しみがわくというものである。

どこの国でも、自国の歴史に誇りを持っている。
他の国の歴史を良く知ることは、非常に有用なことをこの本は教えてくれる。
そして 何より話が面白い。
長い話なので、まとまりなないのですが、続きをどうぞ。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 歴史・時代小説
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

pitschi

Author:pitschi
本を乱読する日々。
このごろテレビがつまらなくなったので
本を読んで 音楽聴いて PCしてます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
SEO対策:無料
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。