スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今夜、すべてのバーで 中島らも

題からして、バーに関するエッセイかと
思っていた。

今夜、すべてのバーで (講談社文庫)今夜、すべてのバーで (講談社文庫)
(1994/03)
中島 らも

商品詳細を見る


読んでみてびっくり、
アルコール中毒小説である。
中島らもさんが、アル中なことは知っていたが
自分のアルコール中毒のことを
こんなにあっけらかんと笑いを含めて
小説にしている。
すべての愛飲家にささげる必携の書である。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : オススメ本!!
ジャンル : 本・雑誌

ガダラの豚  中島らも

とにかく おもしろい本と聞かれたら中島らもさんのこれです。

ガダラの豚〈1〉 (集英社文庫)ガダラの豚〈1〉 (集英社文庫)
(1996/05)
中島 らも

商品詳細を見る

この小説を読むのに、能書きや理屈は不要です。
ただひたすら走る疾走感、活字に身を任せるだけで
とにかく楽しい世界に入っていけます。

「呪術パワー・念で殺す」こんな小説を書く人気大学教授。大生部多一郎。
彼の回りで胡散臭い事件が、巻きおこります。

アフリカ呪術の研究の第一人者で、テレビの人気タレントでもある彼。
以前 アフリカの現地調査中、長女の志織が気球から落ちて死んで以来
アル中に。そして そこに居合わせた彼の妻も 今は精神的な病気から
新興宗教にのめりこむ。 新興宗教のインチキを暴き、妻を取り戻すため
奇術師のミラクルと 教祖の家に乗り込むが・・・

続きを読む

テーマ : オススメ本!!
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

pitschi

Author:pitschi
本を乱読する日々。
このごろテレビがつまらなくなったので
本を読んで 音楽聴いて PCしてます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
SEO対策:無料
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。